Twenty FourteenのGoogle Fontsを解除する

Twenty FourteenとTwenty ThirteenからGoogle Fontsの読み込み処理を削除

公式テーマ上のサイト制作Tips

WordPress公式テーマの

  • Twenty Fourteen
  • Twenty Thirteen

にはHTMLのhead領域にGoogle Fontsの読み込み設定が記述されている。この読み込みを解除するには以下のコードをテーマの関数(functions.php)に設定することで対応可能。

Twenty Fourteen

標準状態が下の状態

<link rel='stylesheet' id='twentyfourteen-lato-css'  href='//fonts.googleapis.com/css?family=Lato%3A300%2C400%2C700%2C900%2C300italic%2C400italic%2C700italic' type='text/css' media='all' />

上のHTMLを消すのが下の設定。wp_dequeue_styleにid属性の一部を引数に渡している。

function google_fonts_dequeue() {
	wp_dequeue_style('twentyfourteen-lato');
}

add_action('wp_enqueue_scripts', 'google_fonts_dequeue', 10);

Twenty Thirteen

Twenty Thirteenの場合は、Google Fontsのインクルード部分が下のようになっている。

<link rel='stylesheet' id='twentythirteen-fonts-css'  href='//fonts.googleapis.com/css?family=Source+Sans+Pro%3A300%2C400%2C700%2C300italic%2C400italic%2C700italic%7CBitter%3A400%2C700&#038;subset=latin%2Clatin-ext' type='text/css' media='all' />

Twenty Fourteenと同じ要領で削除することが可能。

function google_fonts_dequeue() {
    wp_dequeue_style('twentythirteen-fonts');
}

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'google_fonts_dequeue', 10);

Twenty Thirteenでは、当方の環境によって

id=’open-sans-css’

という属性の読み込み設定が入るケースがあり、

<link rel='stylesheet' id='open-sans-css'  href='//fonts.googleapis.com/css?family=Open+Sans%3A300italic%2C400italic%2C600italic%2C300%2C400%2C600&#038;subset=latin%2Clatin-ext&#038;ver=3.8.1' type='text/css' media='all' />

その記述を削除するのが下のコードになる。

function google_fonts_dequeue() {
    wp_dequeue_style('twentythirteen-fonts');
    wp_dequeue_style('open-sans');
    wp_register_style('open-sans', false);
}

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'google_fonts_dequeue', 10);

Google Fontsを読み込んだままにしておくと複数のHTTPリクエストが生じたままになってしまう。その状態はブログサイトの高速化を進める際に妨げとなる要素なので、サイトのパフォーマンスアップを気にされている方は対応するのがおすすめです。