WordPressのインストール

ローカルにインストールする方法と無料サーバを利用してインストールする方法

WordPressをローカルにインストール

Hostingerという無料プランのあるホスティングサービスを利用してみたので、ローカルへのインストール方法と合わせて書いてみることにした。

想定する環境

Windows8にインストールされたXAMPP(1.8.3 PHP5.5.11)にWordPressをインストールします。

ダウンロード

公式サイトからWordPress3.9.1日本語版をダウンロードしました。

http://ja.wordpress.org/

ファイルの配置

ダウンロードしたzipファイルを展開して

C:\xampp\htdocs\vhost\wordpress391ja2

にコピーします。コピー後のフォルダ階層は画像のとおりです。

install-directory

バーチャルホストの作成

バーチャルホストを新規に作成してWebで閲覧可能な状態にします。XAMPP1.8.3でバーチャルホストをセットアップする記事は以下のURLから閲覧することができます。

XAMPP バーチャルホストの設定

今回は、httpd-vhost.confに以下設定を行いました。

<VirtualHost *:80>
  ServerName wordpress391ja2.local
  DocumentRoot "C:\xampp\htdocs\vhost\wordpress391ja2"
  DirectoryIndex index.php

  <Directory "C:\xampp\htdocs\vhost\wordpress391ja2">
    AllowOverride all
    Require all granted
  </Directory>
</VirtualHost>

ServerNameなどは好きなものを設定することが出来ます。

hostsの設定

バーチャルホストの設定時にServerNameとして

wordpress391ja2.local

というホスト名を指定しましたので、そのホスト名でアクセス可能な状態にします。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

を開いて

192.168.0.2	wordpress391ja2.local

上の一行を追加します。

ブラウザからアクセス

ブラウザから

wordpress391ja2.local

上のURLにアクセスします。

wp-config-error

画像のエラーが表示されるので、wp-config.phpを作成します。

wp-config-sample.php

wp-config.php

にリネーム(ファイル名の変更)するか、wp-config-sample.phpをコピーした上で、wp-config.phpにファイル名を変更します。

データベース接続確立エラー

wp-config.phpを作成したらブラウザの更新ボタンでページをリロードします。

database-connection-error

データベース接続確立エラー

が表示されるので、wp-config.phpでDB接続情報を設定します。

define('DB_NAME', 'wp391ja2');
define('DB_USER', 'admin');
define('DB_PASSWORD', 'password');
define('DB_HOST', 'localhost');

事前にWordPress用のデータベースを作成しておく必要があります。上の接続情報の場合は、

wp391ja2

という名前のデータベースにWordPressがインストールされます。

必要情報の入力

ブラウザの更新ボタンを押すとようこそページが表示されます。

install-welcome

必要情報を入力して

[WordPressをインストール]

をクリックします。

install-success

インストール完了です。

無料サーバHostingerにインストール

Hostinger

Hostingerという無料のレンタルサーバを利用してWordPressをインストールしてみます。Hostingerには、各種アプリケーションの自動インストール機能があり、最新版のWordPressをコントロールパネルから簡単な操作でインストールすることが可能です。

Hostingerのページにアクセスします。

ウェブホスティング

ユーザー登録

Hostingerのユーザー登録

上のページからユーザー登録を行うことができます。

登録後、確認用メールが送信されます。メールに記載されているリンクをクリックすると登録が完了します。

hostinger-order

オレンジ色で囲った[注文]ボタンをクリックして無料プランをオーダーします。

次にレンタルサーバセットアップを行います。

subdomain-setup

希望するサブドメインとパスワードを入力して次へ進みます。

hostinger-complete

注文確認画面が表示されますので、利用規約に同意して注文ボタンを押します。

WordPressの自動インストール

セットアップが完了すると下の画面が表示されます。

rental-server-account-list

この時点で設定ぢらドメインにアクセスするとHostingerのwelcomeページを確認することが出来ます。

上の画像のオレンジ色で囲った

自動インストール機能

からWordPressのオートセットアップを行うことが可能です。

wordpress-hostinger

WordPressのマークをクリックすると自動インストールを設定するページが表示されます。

wordpress-setup

標準の設定のままインストールを行うとルートディレクトリにセットアップすることが出来ます。インストールボタンを押すと自動インストールが始まります。

Hostingerの自動インストールでWordPressをインストールすると、wp-config.phpの作成やデータベースの設定なども込みでインストールされます。そのため、自動インストール完了後、ブログの公開ページと管理画面の双方のURLにアクセスすることが出来ます。

自動インストールは、5~30分ほど時間がかかるようです。