MongoDBをWindowsにインストール

MongoDBのインストールとWeb管理ツールのセットアップ

MongoDB

MongoDBをWindows8にインストールします。

インストール

MongoDBのダウンロードページからWindowsインストーラパッケージをダウンロードすることが出来ます。

http://www.mongodb.org/downloads

今回は、

mongodb-win32-x86_64-2008plus-2.6.2-signed.msi

をダウンロードしました。

mongodb-install

インストーラの案内通りにインストールすると

C:\Program Files\MongoDB 2.6 Standard

にインストールされます。

バージョンの確認

バージョンを確認することで正常にMongoDBがセットアップされているか確認してみます。

cd C:\Program Files\MongoDB 2.6 Standard\bin

カレントディレクトリを上のパスに変更した上で、下のコマンドを実行

mongo --version

以下のようにバージョン番号が返ってくれば、MongoDBは正常にインストールされています。

MongoDB shell version: 2.6.2

起動

MongoDBを起動します。起動前にMongoDBのデータが格納されるディレクトリを作成しておきます。今回は、

C:\mongodata\db

をデータ保存に利用します。

mongod --dbpath C:\mongodata\db

–dbpathオプションを付加して起動した状態です。

mongodb-dbpath

MongoDB shell

MongoDBが起動したので、MongoDB shellを利用してデータを操作してみます。

MongoDB shellを起動します。

C:\Program Files\MongoDB 2.6 Standard\bin>mongo

シェルが起動したら以下のコマンドを実行します。

db

testと返されます。これはtestというデータベースが選択されていることを意味しています。他のデータベースを確認するためには以下のコマンドを実行します。

show dbs

新規にデータべースを作成するためには、以下のようにします。engineersデータベースを作成します。

use engineers

未定義のengineersをuseした上で、

db.createCollection("webengineer")

上のコマンドを実行すると、コレクション(テーブル)が作成されます。データを追加してみます。

db.webengineer.insert( { name: "kiyoharu" } )

データを追加したのでfindを実行してみます。

db.webengineer.find()

追加したデータが表示されます。

MongoDBのシェルについては公式サイトに詳しいチュートリアルがあります。

http://docs.mongodb.org/manual/reference/method/

Web管理ツール

MongoDBにはGUIでデータを管理するツールが複数あります。公式サイトの以下のページでは、

http://docs.mongodb.org/ecosystem/tools/administration-interfaces/

各GUIツールのサイトURLとスクリーンショットが確認できます。

phpMoAdmin

今回は、Webベースの管理ツールphpMoAdminを試してみました。ダウンロードは、[DOWNLOAD phpMoAdmin]というリンクをクリックすることでzipファイルを落とすことが出来ます。

zipファイルを展開すると、

moadmin.php

というファイルのみが存在し、そのファイルをWebサーバのドキュメントルートに配置すれば基本的なインストールは完了となります。

MongoDBドライバー

phpMoAdminはPHPベースのWeb管理ツールなので、PHPからMongoDBに接続するドライバが必要になります。

https://s3.amazonaws.com/drivers.mongodb.org/php/index.html

ドライバは上のURLからダウンロードすることが可能で、本記事では、

php_mongo-1.5.4.zip

をダウンロードしました。

zipを展開すると複数のdllが格納されていますが、xampp1.8.3(PHP5.5.11)環境では、

php_mongo-1.5.4-5.5-vc11.dll

をPHPのextディレクトリに配置します。配置後、php.iniで

extension=php_mongo-1.5.4-5.5-vc11.dll

上の一行を追記しapacheを再起動します。

phpinfoで確認

MongoDBドライバーが正常にインストールされているかphpinfoで確認することが出来ます。

phpinfo-mongo

phpMoAdminを利用する

phpmoadmin

phpMoAdminは、Webデザイン的な華やかさはありませんが、MongoDBのデータをGUIで操作するためには有効なツールです。上の画像は、MongoDBのシェルで作成したengineersデータベースのデータを表示している画面になります。

データの追加や削除、データベースの操作をWebベースで行うことが出来ます。

WordPressのインストール

MongoDBをWindowsにインストール」への1件のフィードバック

  1. PHP MongoDB Driver 1.5.1以降のインストールについて

     私は佐野といいます。こちらの環境でインストールをしたところ以下の環境で
    インストールできませんでした。
     「Apache 2.4.6, PHP 5.5.15, php_mongo-1.5.5.zip」 => x64 VC11 TS
    原因はどこにあるのか
     ① php_mongo-1.5.5.zipを遡り1.5.1.zipのDLLはphpinfo()で認識されていた
     ② php_mongo-1.5.2.zipでもphp.exe -ini *.iすると認識されてる
     ③ PHPの癖にext/以下DLL達を読み込んでいるのはhttpd.exe

    比較
     ① 認識した1.5.1.zipと認識されなかった1.5.2.zipを比較しました
     ② DLLレベルで”libsasl.dll”が1.5.2以降すべてのDLLに組み込まれている
     ③ で、要はこいつが認識してないんだなとhttpd.exeラ変が
       ⇒ 解析ツール peStudio
    位置
     ① libsasl.dllはphp5apache2_4.dllなんかと同じフォルダに同梱されている 

    解決
     ① とりあえずC:\Windows\System32にlibsasl.dllをぶち込む ⇒ 認識した
     ② とりあえず環境変数PathにPHPフォルダを設定 ⇒ 認識した

Webエンジニアブログにコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MongoDBをWindowsにインストールの記事にコメントを投稿

インストール