WordPress 3.8 RC1の標準テーマはTwenty Fourteen

WordPress3.8のRC1がダウンロードできるようになったようです

Twenty Fourteen

wordpressの3.8最初のRelease Candidate版が昨日リリースされたので、早速インストールしてみた。

公式ブログのベータ1についての告知でTwenty Fourteenという新テーマの存在を知って気になっていたのですが、Twenty Thirteenのほうがブログ向けかなというのが感想です。

Twenty Fourteen

Twenty Fourteenという新テーマがリリースされるということで、せっかちにもTwenty Thirteenからの移行に迫られそうになったりしたのですが、rc1を使ってみた感想としては、

Twenty Thirteenを置き換える存在ではなく、サイトの構成によってTwenty FourteenとTwenty Thirteenをサイト管理者が選択して利用していくもの

と解釈しました。

Twenty Fourteenはヘッダー固定でメインサイドバーは左側

Twenty Fourteenでは、Twenty Thirteenと異なりヘッダーを固定にしてあります。そのためTwenty Thirteenような高さのあるヘッダーではなく、低いヘッダーとしてあるようです。

標準で左側にメインサイドバーが表示されています。管理画面のウィジェットでコンテンツサイドバーを設定すれば右側にもサイドバーを用意することが可能になっています。つまりTwenty Fourteenでは、3カラム構成にも簡単に対応できるテーマになっています。

Twenty ThirteenよりもCMS的なテーマなので、そういった観点ではイケてるテーマとなるのかもしれません。

なお、WordPress 3.8 RC1のTwenty Thirteenのバージョンが1.1になっていました。1.0のTwenty Thirteenを使っていて、Twenty Fourteenに興味があり、かつwordpressのバージョンアップに敏感な管理者は積極的にアップグレードを検討しても良いでしょう。