WordPress公式テーマにコピーライト表示を追加

未経験でもできるフッターにコピーライト表示などを追加する簡単な方法

公式テーマにはフッターを編集するためのアクションフックがある

WordPressの公式テーマTwenty Fourteenなどには、コピーライト表記を追加するためのフックがあるので利用してみる。

各公式テーマでの利用方法は以下のとおり

Twenty Fourteen

公式テーマには、twentyXXXXXXXX_creditsという(XXXXXXXXはバージョン名)アクションフックがテーマのfooter.phpに直接設定されているのでそれを利用するやり方。functions.phpの最後に以下のコードを追記する。

add_action('twentyfourteen_credits', 'add_credits');

function add_credits() {
    $output="[ Web Engineer Blog ]"; // この部分をカスタマイズ
    echo $output;
}

$outputの文字列が純粋にフッターに追加される。下の画像が実例

copyright-web-engineer-blog

サイト名をリンクにしたい場合は、add_creditsを以下のように変更します。

add_action('twentyfourteen_credits', 'add_credits');

function add_credits() {
    $output="[ <a href='".get_bloginfo('wpurl')."' title='Web Engineer Blog'>Web Engineer Blog</a> ]";
    echo $output;
}

サイト名をリンクとして表示することができます。

Twenty Thirteen

Twenty Thirteenの場合もfooter.phpにコピーライト追記用のフックがありますので、以下の方法でadd_creditsをフックします。

add_action('twentythirteen_credits', 'add_credits');

add_creditsの内容については、Twenty Fourteenと同じです。

Twenty Twelve

twentytwelveについても専用のアクションフックがあります。

add_action('twentytwelve_credits', 'add_credits');

WordPressの公式テーマに備わっているコピーライト追記用フックを利用すれば簡単にフッターを変更することができます。

Proudly powered by WordPressの表示を削除したい場合には、footer.phpのカスタマイズが必要になります。

Proudly powered by WordPressの削除

リンクの記事では、子テーマを利用したフッターのカスタマイズ方法を解説しています。

WordPressの公式テーマに備わっている、コピーライト追記用フックを利用すれば、簡単にサイト名などをフッターに追加することができます。