画像の切り抜きアップロード for WordPress

切り抜いた画像のアップロード

切り抜き

WordPressで画像をアップロードする際に、画像の一部を切り出してアップロードします。

基本

add_image_sizeを使って指定したサイズで画像のアップロードを行うことが出来るようになります。

funcitons.phpに以下のコードを追加して、1095*416の画像をアップロードすると、

add_image_size("test-size", 100, 100);

100*38に縮小されたサイズで画像がアップロードされます。

応用

4番目の引数$cropをtrueに設定すると、

add_image_size("test-size", 100, 100, true);

画像の中心から100*100のサイズを切り抜いた状態でアップロードすることが出来ます。

$crop引数には、bool値だけでなく、配列を指定して切り抜きの開始場所(x_crop_position, y_crop_position)を設定することが可能です。

  • x → center
  • y → center

と指定した場合は、trueを設定した場合同様に画像の中心から切り抜きが行われます。

add_image_size("test-size", 100, 100, array( 'center', 'center'));

画像の左端を始点として切り抜くには、以下のように設定します。

add_image_size("test-size", 100, 100, array( 'left', 'top'));

cropのパラメータ

x, yに指定可能なパラメータは、

  • x_crop_position → ‘left’ ‘center’, or ‘right’
  • y_crop_position → ‘top’, ‘center’, or ‘bottom’

が引数として設定可能です。

指定したサイズで画像を挿入する方法については、異なるサイズでWordPressの画像アップロードと挿入で解説してあります。

Webエンジニアブログにコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像の切り抜きアップロード for WordPressの記事にコメントを投稿