PHP5.4.7(Windows版xampp1.8.1)でAPCを設定

wordpressでAPC Object Cache Backendを利用するにはサーバでAPCが設定されていないといけない

windows版APCの設定

ダウンロード

APCのダウンロードは以下のページから

http://downloads.php.net/pierre/

php_apc-3.1.10-5.4-vc9-x86.zipをダウンロードした。

セットアップ

zipを展開すると中にts(スレッドセーフ版)とnts版のdllファイルが入ったフォルダがある。今回はtsの方のdllをphpのextにコピーし、php.iniに以下の一行を追記する。

extension=php_apc.dll

追記後、apacheを再起動するとAPCが有効となる。

APCが有効になっているか確認

確認はphpinfoで行う。xamppの場合には

localhost/xampp/phpinfo.php

で有効になっている拡張モジュールを確認することができる。問題ない場合には以下のように表示される。

apc

APC INFO Monitorの導入

APCのコントロールパネル相当の機能として、APC INFO Monitorでキャッシュファイルの状態確認や管理を行うことができる。APC INFO Monitorのインストールは

http://pecl.php.net/get/APC

にアクセスし、APC本体をダウンロードする。現在のファイル名は、

APC-3.1.13.tgz

となっていてそのファイルをダウンロードし展開した。ファイルの一覧の中に

apc.php

というファイルがあり、そのファイルがAPC INFO Monitorとなる。xamppを標準のままインストールしている場合には、

C:\xampp\htdocs

にapc.phpをコピーする。コピー後ファイルを開いて以下の行を任意のユーザー名とパスワードに変更し、コンパネのIDとpassを設定する。

defaults('ADMIN_USERNAME','apc');
defaults('ADMIN_PASSWORD','password');

以下のURLにアクセスするとIDとpassを要求されるのでログインする。

localhost/apc.php

apc-control-panel

上のような管理画面が表示されます。

  • System Cache Entries
  • Per-Directory Entries

でキャッシュされているファイルを確認でき、

clear opcode cache

でキャッシュファイルの全削除を行うことができます。

Webエンジニアブログにコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PHP5.4.7(Windows版xampp1.8.1)でAPCを設定の記事にコメントを投稿