SolrのインストールCentOS 7編

Solrインストール

CentOS7.3にSolr6.6.0をインストールして、コア追加とサンプルデータのexampledocsを追加したコアにPOSTします。

Javaの確認

javaが実行可能か確認します。

[root@centos7 ~]# java -version
openjdk version "1.8.0_141"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_141-b16)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.141-b16, mixed mode)

インストールされていない場合は、yumでインストールします。

yum install java-1.8.0-openjdk.x86_64

Solrインストール

Solrのダウンロードページから、現在最新のSolr6.6.0をダウンロードします。

http://www.apache.org/dyn/closer.lua/lucene/solr/6.6.0

wget http://apache.org/dist/lucene/solr/6.6.0/solr-6.6.0.tgz

install_solr_service.shの抽出とインストールの実行。

tar xzf solr-6.6.0.tgz solr-6.6.0/bin/install_solr_service.sh --strip-components=2
bash ./install_solr_service.sh solr-6.6.0.tgz

https://github.com/tsgrp/OpenContent/wiki/Solr-Installation

インストール状況確認

[root@centos7 ~]# service solr status

Found 1 Solr nodes:

Solr process 3658 running on port 8983
{
  "solr_home":"/var/solr/data",
  "version":"6.6.0 5c7a7b65d2aa7ce5ec96458315c661a18b320241 - ishan - 2017-05-30 07:32:53",
  "startTime":"2017-08-19T14:12:31.221Z",
  "uptime":"0 days, 0 hours, 0 minutes, 37 seconds",
  "memory":"19.2 MB (%3.9) of 490.7 MB"}

上のように表示されると、インストールとSolrの起動が正常と分かる。

Solrの起動・停止・再起動

service solr stop
service solr start
service solr restart

Solr用ポートの開放

CentOS7ファイアウォールを設定し、SolrのTCPポート8983番を開けておきます。

[root@centos7 ~]# firewall-cmd --zone=public --add-port=8983/tcp --permanent
success
[root@centos7 ~]# firewall-cmd --reload
success

Solrの管理画面にアクセス

http://サーバのIPアドレス:8983/solr

solr

Solr Core追加

rootだとCore作成に失敗するので、solrユーザーにスイッチしてからcreateします。

[root@centos7 bin]# su - solr
[solr@centos7 ~]$ /opt/solr/bin/solr create -c engineer

Copying configuration to new core instance directory:
/var/solr/data/engineer

Creating new core 'engineer' using command:

http://localhost:8983/solr/admin/cores?action=CREATE&name=engineer&instanceDir=engineer

{
  "responseHeader":{
    "status":0,
    "QTime":352},
  "core":"engineer"}

/var/solr/data/engineerというコアが追加されました。

追加したSolr Coreの確認

管理画面の左サイドバーのドロップダウンリストにengineerコアが選択可能な状態になりましたので、それを選択すると以下のようなページが表示されます。

engineer-core-solr

Num Docsがゼロになっていることが確認できます。

Solr Coreの削除

Solr Coreの削除はdeleteコマンドで行うことが可能です(参考情報)。

[solr@centos7 bin]$ /opt/solr/bin/solr delete -c engineer

Deleting core 'engineer' using command:

http://localhost:8983/solr/admin/cores?action=UNLOAD&core=engineer&deleteIndex=true&deleteDataDir=true&deleteInstanceDir=true

{"responseHeader":{
    "status":0,
    "QTime":10}}

Solr Coreへのデータ投入

engineerコアへ、サンプルデータを追加します。

java -Dc=engineer -jar /opt/solr/example/exampledocs/post.jar /opt/solr/example/exampledocs/*.xml

今回の場合は、engineerコアにデータを入れるのでオプションで指定しています。

サンプルデータ登録後に管理画面を確認してみると、Num DocsとMax Docが増えていることが確認できます。

Webエンジニアブログにコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SolrのインストールCentOS 7編の記事にコメントを投稿